GACKTの神経系疾患病気は何?コロナの噂はどうなの?世間の反応は?

GACKTさんが持病の神経系疾患の影響で発声障害があり、活動の無期限休止を発表しました。

GACKTさんと言えば、体を絞っており病気のイメージなどなかったのでとても驚きましたね。

持病の神経系疾患ということですが、一体どんな病気なのでしょうか。

今回は【GACKTの神経系疾患病気は何?コロナの噂はどうなの?世間の反応は?】について調べてみました。

スポンサーリンク

GACKTの神経系疾患の病気とは何?

GACKTさんの神経系疾患の病気ですが、個人的には「てんかん」の可能性があるのではないかと思います。

あくまで調べた結果や個人的な判断ですが、持病でありおそらく幼少期から患っているもので考えやすい病気がてんかんの可能性が高いのではないでしょうか。

「てんかん」はてんかん発作を繰り返す脳の病気で、年齢、性別、人種の関係なく発病します。

「てんかん発作」の時の症状は、大脳の電気的な興奮が発生する場所によって様々です。たとえば、いわゆる「けいれん」と呼ばれる手足をガクガクと一定のリズムで曲げ延ばしする間代発作や、手足が突っ張り体を硬くする強直発作、あるいは非常に短時間の意識消失が突然起こる欠神発作、全身や手足が一瞬ピクッとするミオクロニー発作、感覚や感情の変化、特殊な行動などいろいろな症状があらわれる複雑部分発作など、その症状は極めて多彩です。

引用元:https://www.tenkan.info/about/epilepsy/

てんかんは突然痙攣し始め、大抵数分で自然に収まるんですが、まれに長引いてしまう場合もあります。

そして意識を失う場合もあり、失った状態でまた痙攣をし始めることもあったりしますので決して侮れない病気ですね。

GACKTさんも報道では一時は命にもかかわる状態だったそうです。

現在は容体は落ち着いているようですが、この持病がきっかけなのか重度の発声障害にもなってしまいました。

歌うお仕事ですし、声が出ないのは本当につらい状態だと考えられます。

早く良くなってまた元気な姿を見せていただきたいですね。

GACKTはなぜ持病が発症したのか?

おそらく持病ですから幼少期から薬などでコントロールもされていたと思われるので、これまで特に問題はなかったのかもしれません。

しかし、元々GACKTさんは繊細な性格です。

ストイックでもあり、神経質なGACKTさんですので現在のこのコロナ禍の状況や日々のストレスも病気になりやすい状態になっていた可能性もあります。

脳にそういったストレスなどの刺激が加わり発症してしまったのかもしれませんね。

GACKTはコロナに罹っているという噂は?

GACKTさんの体調不良による活動休止の原因が「コロナウイルス」ではないか、という噂が一部で挙がっています。

確かにこの時期なのでコロナに罹ってしまった可能性もゼロではないでしょう。

それに加えGACKTさんは「コロナは風邪」という発言をしていた過去もあるので、なおさら自身がコロナに罹っていて重症化してしまったなんて言えないのではないか、と思われているようです。

確かに色々憶測が飛び交っていますし、そうなのかもしれない可能性もありますが、今回は「持病」だと正式に発表されています。

そのため個人的には持病が悪化してしまい、発声障害も併発してしまったのではないかと思います。

GACKTの活動休止に対する世間の反応

それではGACKTさんの活動休止に対する世間の反応を見ていきましょう。

やはり心配と驚きの声が多いですね。

テレビや映画などでGACKTさんの出演を楽しみにしていた方も番組がどうなるのか、映画がどうなるのかも気になっているようです。

GACKTの神経系疾患病気は何?コロナの噂はどうなの?世間の反応は?まとめ

今回はGACKTさんの神経系疾患についてのことや、コロナの噂などについてまとめました。

・GACKTの神経系疾患はてんかんの可能性がある
・GACKTがコロナに罹ったという噂が多く存在するが真偽は不明

以上のことがわかりました。

GACKTさんの歌や話し方も好きですし、早く元気になってまたテレビで見られる日を待ちたいと思いますね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

SNSフォローボタン

faiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました