服部恭太の犯行動機とは?身勝手極まりない理由に世間の反応は?

10月31日のハロウィンの日に京王線上り列車の車内で刃物で人を刺し、液体を撒いて火をつけた服部恭太容疑者が逮捕されました。

逃げ場のない電車内で多くの人を恐怖に貶め、一人意識不明の重体、けが人も複数いる状態です。

そんな服部恭太容疑者の犯行の動機はなんだったのでしょうか。

ここまでしなくてはならない何か理由があったのでしょうか。

今回は【服部恭太の犯行動機とは?身勝手極まりない理由に世間の反応は?】について調べてみます。

スポンサーリンク

服部恭太の京王線無差別殺傷の犯行動機は?

この服部恭太容疑者の犯行動機ですが現在このように話しているようです。

「仕事や友人関係がうまくいかず、人が多いハロウィンの日に大量殺人を計画した」
「今年6月ごろに仕事で失敗し、友人関係もうまくいかず、死にたかった。自分では死ねないので、2人以上殺して死刑になりたかった」

このように話しているようです。

あまりにも身勝手で自分のことしか考えていないですね。

仕事や友人関係が上手くいかないから人を殺す、という思考に普通の方は思わないはずです。

世の中上手くいかないことが多くつらい状態でもいくら世間に対して怒りがあったからと言って人を殺める思考にはいきません。

それに「自分では死ねないので」という発言をしていますが、だからといって死刑になりたいという発想もわけがわかりません。

どうして人を巻き込む必要があったのでしょうか。

正直自分だけでどうにかできなかったのでしょうか。

あまりにも身勝手すぎる動機です。


それに加え、この服部恭太容疑者はこのハロウィンの日に犯行をしようとするために随分用意周到なんですよね。

今年8月に起きた「小田急線の殺傷事件を参考にした」と述べていました。

サラダ油では火が付かないことがわかっていたため、きちんと燃えるライターオイルを準備しているわけです。

それにわざわざ「バットマン」に登場する悪役ジョーカーのコスプレをして犯行に至っているんですね。

服部恭太容疑者はジョーカーに憧れがあったといい、わざわざこの格好を購入しています。

この日のために準備をしていたことがわかし、計画性がありますよね。

電車で事件を起こし、目立ちたいという欲求が強いことも伺えますね。

そんな個人の欲求に何の関係もない人たちを傷つけ恐怖に貶めた罪は相当重いものでしょう。

服部恭太の身勝手な理由に対する世間の反応は?

それでは服部恭太容疑者の事件に対する世間の反応をみてみます。

服部恭太の犯行動機とは?身勝手極まりない理由に世間の反応は?まとめ

今回は服部恭太容疑者の犯行動機などについてまとめました。

本当に身勝手すぎるし、被害者の方や乗客の方のことを考えると許されない行為です。

コメント

SNSフォローボタン

faiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました