池袋暴走事故の禁錮5年は妥当なのか?軽い?世間の反応は?

池袋暴走事故を引き起こした飯塚幸三被告に禁固5年の判決が出ました。

求刑は7年に対して判決が5年です。

この事件は国民みんなが注目している事件ですよね。

この5年という判決は正直どうなのでしょうか。

今回は【池袋暴走事故の禁錮5年は妥当なのか?軽い?世間の反応は?】について調べています。

スポンサーリンク

池袋暴走事故の禁錮5年の判決は妥当?軽い?

今回の判決は個人的には「軽い」判決なのではないかと思います。

この事件は2019年に起こった事件で今までにも様々な報道がされてきました。

そして今回の求刑禁固は7年でしたが、結果的には5年の実刑判決でした。

しかし、現時点ではまだ控訴する可能性もありますし、実質すぐには刑務所に入る、というわけではないそうです。

そういうことも考えると、まだまだ実際に刑務所で飯塚被告が生活することはなく、したとしても5年経てば出てくるわけですね。

飯塚被告のこれまでの言動を考えたり、被害者の方のことを考えていない、罪を認めていない態度から見てしまうとどうしても5年というものは軽く考えてしまいます。

池袋暴走事故の禁錮5年判決に対する世間の反応は?

この判決に対して世間の反応はどうなのでしょうか。

大半は軽いという意見も多いですが、妥当だという意見ももちろんありますね。

ただこういう判例が出てしまうと、今後同じような事件が起きてもみんなこのような軽い判決になってしまうのか、ということを気にしてる方も多くいらっしゃいましたね。

飯塚被告が反省している様子は今のところ伺えませんので、せめて刑務所にいる際には反省していただきたいと思いますね。

実際には2名以外にもけがをさせているわけですし、どんな判決でも自分の犯した罪を償ってもらいたいと思います。

池袋暴走事故の禁錮5年は妥当なのか?軽い?世間の反応は?まとめ

今回は池袋暴走事故の禁錮5年の判決について世間の反応などをまとめました。

個人的には5年というのは軽いと思いましたし、世間の声もそういったものが多く見られました。

このような事故が本当になくなってほしいし、高齢ドライバーについても改めて考える必要があると個人的に思いました。

今後の展開にも注目していきたいと思います。

コメント

SNSフォローボタン

faiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました