木下雄介の死因は?ワクチン接種は関係しているの?種類は?

中日ドラゴンズの選手、木下雄介選手が8月3日に亡くなっていたことがわかりました。

まだ27歳という若さで突然亡くなってしまい驚きを隠せません。

どうやら7月6日に倒れでから予断を許さない状況の中、8月の3日に息を引き取られたそうです。

一体木下選手の死因は何だったのでしょうか。

今回は【木下雄介の死因は?ワクチン接種は関係しているの?種類は?】について調べてみます。

スポンサーリンク

木下雄介の死因は?

木下雄介選手のハッキリとした死因は現在わかっていません。

ただ、後述しますが、コロナワクチンを6月28日に接種してその後の7月6日に倒れています。

その際の様子も語られていました。

まず心臓周辺に問題が発生し、その影響が脳に及んでいます。人工呼吸器を外すこともできません。奥さんが付きっきりですが、ショックを受けておられて気安く声をかけられるような雰囲気ではない。この事実を知っているのは、与田剛監督はじめ首脳陣と、ごく限られた一部の選手だけです」

引用元:Yahoo!ニュース

心臓辺りが原因で亡くなったのでしょうか。

しかしその後脳にまで影響が出ているということです。

倒れるまで元気に過ごしていたのに突然人工呼吸器を使用しなければいけない状態になってしまったようですね。

死因についてはっきりしたことはわかりませんが、ワクチンを接種していたということなので少し考察してみます。

木下雄介の死因にワクチンは関係している?

木下選手の死因にワクチンは関係しているのでしょうか。

現段階の状態では「因果関係は不明」です。

ただ、ワクチンを接種した後の木下選手の行動が気になります。

「接種から数日後、彼は名古屋市内の練習場でかなり力の入った激しい運動をしていました。その最中に倒れ、大学附属病院に運び込まれたのです。容体は現在、重篤で……」

引用元:Yahoo!ニュース

ワクチン接種後に激しい運動をされていたんですね。

それも野球選手として活躍するための行動なわけです。

ただ、日本厚労省からは「ワクチンを受けた当日は、激しい運動や過度の飲酒などは控えましょう」といった呼びかけがあります。

そのため、おそらく打った当日は運動していないかと思いますが、次の日やその次の日からもしかしたら運動し始めていたのかもしれません。

しかし、シンガポール保健省は7月5日、ワクチン接種後に数名の若い男性が心筋炎などを発症したことを受け、接種から1週間は激しい運動を避けるよう勧告しているんですね。

このようなこともあるので、もしかしたらワクチン後の激しい運動によって何か身体で異変があった可能性もあるかもしれません。

ただ、時間がたてば死因がはっきりすると思われるので、続報を待ちたいと思います。

木下雄介の摂取したワクチンの種類は?

木下選手が摂取したワクチンの種類は何だったのでしょうか。

接種は任意で、米モデルナ製のワクチンを使う。球団の加藤宏幸代表によると一軍の選手は二十一日に東京都内で一度目の接種を実施。他の希望者は名古屋市内などで順次受ける。説明会は接種への不安を解消してもらう狙いで球団が催し、約二百人が参加した。

引用元:中日新聞

こちらはドラゴンズの職域接種の記事です。

おそらくこの対象者が木下選手だと思われるので摂取したワクチンはモデルナ製でしょう。

木下選手は6月28日に1回目のモデルナ製のワクチンを接種したことになります。

木下雄介の死去に対する世間の反応

木下雄介の死因は?ワクチン接種は関係しているの?種類は?まとめ

今回は木下選手の死因やワクチンとの関係などについてまとめました。

木下選手の死因のはっきりしたことはわかりませんが、ワクチンと何か関係があるのか気になるところです。

今後の続報も注目したいと思います。

コメント

SNSフォローボタン

faiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました