小林賢太郎がホロコーストいじりの動画は?過去にも不謹慎ネタが?

オリンピックの開会式演出担当だった小林賢太郎氏が解任されました。

お笑い芸人「ラーメンズ」だったころのユダヤ大量虐殺(ホロコースト)をいじったネタにに批判等が集まりすぐに解任されたのです。

そんなホロコーストいじりをした小林賢太郎氏のネタにはさらに不謹慎ネタがあったようです。

今回は【小林賢太郎がホロコーストいじりの動画は?過去にも不謹慎ネタが?】について調べてみました。

スポンサーリンク

小林賢太郎がホロコーストいじりの動画は?

まずは発端となったホロコーストいじりのネタがどのようなものか見てみましょう。

このネタ中に「あのユダヤ人大量虐殺ごっこやろうって言った時な」と発言していますね。

このネタ全体がホロコーストに関するネタではないことはわかりますね。

この後半の一部でこの上記の発言がでてきます。

これが解任きっかけになる発言でした。

発言自体は軽く話しているようですが、たしかにこの発言はいかがなものか、と感じますね。

おそらくこの発言に関しては当時何気なく発言したことだとは思いますが、それでもこういった出来事を軽くネタにしていじることはどうかと思います。

日本でいえば広島長崎の原爆に関していじられているようなことと同じですよね。

そういったことを軽くネタにされれば確かに良い気はしませんからね。

そのため多くの批判が挙がり小林氏は解任させられました。

小林賢太郎のらーめんずは過去には不謹慎ネタが多かった?

小林氏は過去に「らーめんず」というコンビを組んでお笑い芸人として活動されていました。

その時のネタにはこのホロコースト以外にも割と不謹慎ネタが多かったようです。

1.日航350便墜落ネタ

こちらの動画の5分過ぎくらいからですね。

このネタで「機長の片桐です」と小林さんの相方である片桐仁さんがは発言しています。

実際にこの1982年に起こったこの350便の墜落事故の機長の名前が「片桐」さんだったんですね。

そこをいじってネタにしていることから不謹慎であるという声はあがったようです。

2.障害者ネタ

こちらは片桐さんが障害者という設定でネタをやられていますね。

このネタだけではなくラーメンズのネタ自体は結構こういった不謹慎ネタが多かったようですね。

もちろん時代もあって昔は今ほどこういった内容に批判が多く出ることも、それが本人に届くこともそんなに多くなかったかもしれません。

しかし、こういった内容で少なからず傷つく方もいるのも事実でしょうね。

小林賢太郎の解任に対する世間の声

それではオリンピック開会式開園担当から外れた小林氏に対してみなさんはどう思っているのでしょうか。

みなさん、大体は解任という判断は妥当だと感じているようですね。

しかし、これまでのオリンピックに関しての様々な関係者の失態が続いていますよね。

そのため、そもそもこの選考自体が問題ではないか、という声もかなり多くありますよね。

少し調べたら起用しようとしている人がどんな過去なのかはわかるはずですからね。

その辺りを調べずに話題性や何か理由があって選考しているのではないかと考えられても仕方ありませんね

小林賢太郎が解任を受けての発言は?

小林氏が解任となり、本人のコメントがこちらです。

当時のことを思い返しました。思うように人を笑わせられなくて、浅はかに人の気を引こうとしていた頃だと思います。その後、自分でもよくないと思い、考えを改め、人を傷つけない笑いを目指すようになっていきました。

人を楽しませる仕事の自分が、人に不快な思いをさせることはあってはならないことです。当時の自分の愚かな言葉選びが間違いだったことを理解し、反省しています。不快に思われた方々におわび申し上げます。申し訳ありませんでした。

引用元:https://nordot.app/790782426070319104?c=39550187727945729

小林氏はこの騒動の中で反省しているということです。

今回のことは確かにいけませんが、反省しているということですし、今後は違う形でまた頑張っていただきたいとも思いますね。

以前に問題があった小山田圭吾さんとは違いますからね。

こちらは反省しているとは個人的にあまり思えないので…。

小山田圭吾のいじめの内容とは?胸糞すぎて炎上止まない?

小林賢太郎がホロコーストいじりの動画は?過去にも不謹慎ネタが?まとめ

今回は小林賢太郎氏ホロコーストいじりや不謹慎ネタの動画などをまとめました。

もちろんこういったいじりをするのは良くないですし、今回はアメリカからの抗議の声もあったため解任という判断は仕方がないでしょう。

しかし、小林氏はこの解任に対して反省をされていますしどこまで炎上騒ぎにはならないのではないでしょうか。

今後のオリンピックにも注目していきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

SNSフォローボタン

faiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました