小池都知事の肺疾患の病名は?重病説は本当だったのか?辞任後はどうする?

小池都知事が肺疾患の長期治療のため都知事の辞任を検討しているという報道がありました。

小池都知事と言えば、最近は入退院を繰り返していて最近の姿を見かけていませんでしたね。

そんな辞任をしなくてはいけないくらいの肺疾患とはどんな病気なのでしょうか。

今回は【小池都知事の肺疾患の病名は?重病説は本当だったのか?辞任後はどうする?】について調べてみます。

スポンサーリンク

小池都知事の肺疾患の病名は?

小池都知事の肺疾患については公式にどのような病名か判明していません。

ただ、肺疾患ということですので主に咳が出たりつらい症状が続くために公務をしていくことが難しくなったことは伺えますね。

肺疾患だけでも主にこれほどの病気があるんですね。

・肺炎
・肺結核
・肺気腫
・間質性肺炎
・肺がん
おそらく肺疾患ということなので上記の中の病気の可能性はありますね。 

あくまで個人的な予測ですが、この中では「間質性肺炎」の可能性が少しあるのかなと感じています。

というのも小池都知事は小泉内閣の環境相だった時期の2006年3月29日~4月14日に肺炎で入院していた過去があるんですね。

それに加え、昔は喫煙者だったそうなのでそのころから肺疾患を患っていたことが考えられますね。

そうなると間質性肺炎の可能性はあるのではないかな、と。

勿論真実はわかりませんが、一つの可能性として考えられるのではないでしょうか。

他にもコロナにかかった後遺症で肺炎を患ったという噂もありますね。

コロナの後遺症で肺を悪くされる方が多いのも事実です。

元から肺があまりよくなかった小池都知事でしたらそういう可能性も考えられますね。

小池都知事の肺疾患は重病なの?

小池都知事の肺疾患は重病なのかどうか気になりますね。

個人的には肺疾患であればどんな症状でも重いものではないかと感じます。

肺疾患があると呼吸に関係する部分ですし、症状によっては命の危険も勿論あるわけです。

例えば、もし本当に間質性肺炎だとしたら呼吸がしづらくなっていくため、きちんと治療を受けていかなくてはいけません。

間質性肺炎とは何かしらの原因で肺が硬くなっていき、次第に呼吸がしづらくなったり、咳が出たりする病気です。

間質性肺炎は、進行してしまうと、日常生活でも酸素投与が必要になったり、急激に呼吸状態が悪化したり、肺がんを併発される方もいらっしゃいます。

引用元:呼吸器病センター

これを見る限りでも決して軽い病気ではないことが伺えますね。

どちらにせよ重い病気であるからこそ辞任を考えられているわけです。

小池都知事は辞任後どうするのか?

小池都知事ですが、辞任後はもちろん治療に専念されることでしょう。

都の職員は「周囲の多くは当初、過労から来るメンタルの不調なのかなと思っていたが、最近になって長期の治療が必要な病気だと知りました」という。

引用元:Yahoo!ニュース

「長期の治療が必要な病気」となっていますので、一度政治家を辞められてゆっくりご自身の病気を治すことに力を入れるのではないでしょうか。

小池都知事も69歳ということですので、自分の体を第一に優先していただきたいですね。

小池都知事の辞任報道に対する世間の声は?

小池都知事の身体を心配する声と同時に、次の都知事が気になる方も多いようですね。

確かに東京都知事が誰になるのかは気になるところですね。

その辺りもまたどうなっていくのか注目したいですね。

小池都知事の肺疾患の病名は?重病説は本当だったのか?辞任後はどうする?まとめ

今回は小池都知事の肺疾患について、辞任後についてなどまとめました。

・小池都知事の肺疾患の病名は公表されていない
・小池都知事の肺疾患の病名は「間質性肺炎」の可能性もある
・小池都知事の辞任後は治療に専念する

以上のことがわかりました。

肺疾患と言うことで本当にしんどいと思います。

是非ゆっくり治療していただきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメント

SNSフォローボタン

faiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました