モデルナワクチンは子供には危険?北欧で停止にした理由は?みんなの声は?

スウェーデンでの若年層へのモデルナワクチン接種を停止するというニュースが出ました。

他にデンマークでも18歳以下のモデルナワクチン接種を停止したそうです。

モデルナワクチンはファイザーと同じように、コロナウイルスの重症化を押さえる目的で多くの人が売ってきたワクチンです。

なぜこのタイミングで接種を停止するようになったのでしょうか。

今回は【モデルナワクチンは子供には危険?北欧で停止にした理由は?みんなの声は?】について調べてみます。

スポンサーリンク

モデルナワクチンは子供には危険なの?

結論から申し上げますと、モデルナのワクチンは子供にとって危険なリスクは多いと思われます

報道では若年層であり、スウェーデンの場合は30歳以下に対してモデルナワクチンを停止にしているんですね。

デンマークの場合は18歳以下となっています。

30歳以下ですら停止するような状態ですので、もっと低年齢の子供にとっては危険なリスクはあるということが伺えるのではないでしょうか。

現在のところ、ファイザーのワクチン接種は停止にしていないようなので、モデルナだけに関しては若年層の人が打たないように決定されたということです。

そもそも子供の場合の多くは無症状か軽症だということは散々報道されているんですね。

コロナになってしまっても死に至る可能性は低いので、治験中のワクチンを打つのはあくまで個人的にですが必要ないのではないかと思いました。

モデルナワクチンを停止にした理由は?

ではなぜモデルナワクチン接種を停止する動きが出たのでしょうか。

報道でもありますように「心筋炎や心膜炎などのまれな副反応の症例が増加している可能性」が高いということからでしょう。

勿論そうなるリスクは低いそうですが、その中でもモデルナのワクチン2回接種後の相関関係が明白だということですね。

それにファイザーとモデルナは共にmRNAワクチンではありますが、モデルナの方がmRNAの量が多いそうです。

内部に含まれるmRNAの量が違ったり(モデルナの方がファイザーより大きいmRNAを使用します)、mRNAを包む脂質の膜に使われている脂質の違いがあったりします。

引用元:https://www.katoiin.info/blog/2021/07/post-156-781216.html

そういった違いもわずかながら関係しているかもしれないですね。

さらに青年や30歳未満の男性がより心筋炎などの炎症が出やすいそうです。

こういったデータから北欧では若年層へのモデルナワクチン接種を停止したのでしょう。

モデルナワクチン停止に対する世間の声は?

それではモデルナワクチン接種停止について世間の反応を見てみましょう。

モデルナワクチンは子供には危険?北欧で停止にした理由は?みんなの声は?まとめ

今回はモデルナワクチンが子供に危険なのか、北欧で停止にした理由などまとめました。

勿論打つことによって重症化を防げるでしょうし、リスクばかりではないですよね。

ただまだ治験段階のワクチンですので、危険な兆候があるのであればこういった停止にする措置は悪くないのではないかと個人的には思いました。

日本ではファイザーを受けている方の割合の方が最近では多いようですが、今後どのようになっていくのか注目していきたいですね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

SNSフォローボタン

faiをフォローする
タイトルとURLをコピーしました